TOPへ戻る  開発歴へ戻る

WEB版の開発

 iPhoneでもsafariを使えばWEBサイトを見ることはできますが,文字の大きさやレイアウトなどの点で,必ずしも見やすいとは言えません。WEB版ではその点をiPhoneに合うように工夫するつもりです。

2011年5月

2011/05/29 タイトル画面を作成

現段階では,検索窓に文字を入力して検索ボタンをクリックすると,検索窓に入力された文字をそのままアラート画面に表示するだけです。
ハングルを入力すればそのままハングルが表示されます。
全体のスタイルはcssファイルで定義しています。
safariとchromeでは,タイトルバーがきちんとグラデーションで表示されますが,どういうわけか,IEとFirefoxではうまく表示されません。従って韓日小辞典というタイトルも灰色の地に白文字なのでほとんど読み取れません。(当面の対策として文字を明るい緑にしました)

⇒実際のタイトル画面にジャンプ

0001.タイトル画面解説
0002.cssの定義解説
0003.html本体解説

ページTOPへ戻る

2011/05/30 カウンターを設置

ファイルの拡張子をphpにし,[戻る]メニューの横にカウンターを設置しました。
カウンターのルーチンもphpで記述しています。

⇒カウンター設置画面にジャンプ

0004.カウンターを設置解説

ページTOPへ戻る

2011年6月

2011/06/02 コードの変換

ハングルを入力すれば,それを10進数で表記したUnicodeに変換して表示します。
ただし,ハングルが入力されることを想定してプログラムを組んであるので,ハングル以外の文字を入力すると,正しく変換されません。
コード変換に際しては,以下のサイトを参考にしました。
「本当は怖い文字コードの話:第4回」 http://gihyo.jp/admin/serial/01/charcode/0004

⇒コード変換画面にジャンプ

0005.コード変換が必要な理由
0006.コード変換のアルゴリズム

2011/06/04 インデックスファイルの決定

10進数で表記したUnicodeに基づいて,検索すべきインデックスファイルを決定します。

⇒インデックスファイル決定画面にジャンプ

0007.インデックスファイルを利用する理由
0008.インデックスファイル決定のアルゴリズム

ページTOPへ戻る

アプリ版の開発


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-06-06 (月) 15:37:02 (3432d)